BLOG

  1. HOME
  2. ブログ
  3. ブログ
  4. テレワーク

テレワーク

こんにちは、広報チームの佐藤です。

世の中、大変な事になっていますね。

前代未聞な感じで、様々な事で混乱が起きています。

一刻も早く終息してくれる事を祈るばかりですね。

さて、こんな状況だからこそ、テレワークが実施される会社が多くなって来ていますね。

今回は、テレワークのお話をしたいと思います。

テレワークが出来る仕事と出来ない仕事が、ありますよね。

現場で仕事をする職種は、テレワークが出来ずこんな状況の時はとても大変ですよね。

テレワークの効果は、多岐にわたりますが、7つに集約できます。

テレワーク導入済みの多くの企業では、計画的に、戦略的にテレワークを導入し、様々な課題の解決を図っています。

テレワーク導入済みの多くの企業では、計画的に、戦略的にテレワークを導入し、様々な課題の解決を図っています。

テレワークは、環境負荷軽減や雇用創出など、社会にとっても大きな効果があります。

  1. 非常災害時やパンデミック(感染症流行)時における事業継続
  2. 通勤減少、オフィスの省力化による電力消費量、CO2排出量の削減
  3. 顧客への迅速・的確な対応(営業職)計画的、集中的な作業実施による業務効率の向上(研究・開発職・スタッフ職・営業職等)
  4. 家族と過ごす時間、自己啓発などの時間の増加(仕事と生活の調和)
  5. 育児期、介護気等の社員への働きやすい環境の実現による離職の防止(継続雇用)
  6. オフィススペース、ペーパーコスト、通勤・交通コストの削減
  7. 退職した高齢者、通勤が困難な障がい者、遠方移住者等の新規雇用の創出

このような利点が沢山ありますね。柔軟に対応出来る所が魅力の一つですね。

  • 多くの企業では就業規則は変えず、付則としてテレワーク勤務規程を作成している
  • 週に1、2日程度の在宅勤務であれば、勤務制度を大きく変える必要はない
  • モバイルワークの場合は、外出規程をそのまま適用する企業が多い
  • 多くの企業では就業規則は変えず、付則としてテレワーク勤務規程を作成している
  • 週に1、2日程度の在宅勤務であれば、勤務制度を大きく変える必要はない
  • モバイルワークの場合は、外出規程をそのまま適用する企業が多い

それでは、企業にとってテレワークのデメリットはどのような点が考えられるのでしょうか。

【1.時間管理が曖昧になりやすい】

オフィス外で働くことになるため、働いた時間をどのように管理するのかは企業ごとにルールを作る必要があります。

パソコンの作業履歴やWebカメラなどを使って管理するなど、どのように管理をすれば煩雑にならず、個人の責任でテレワークが運用できるのかよく検討する必要があります。

【2.IT端末のセキュリティ管理が煩雑になりやすい】

IT端末を使って仕事をするため、セキュリティ対策は必須です。

自宅以外で仕事をする場合には、端末の紛失や、パソコンの画面をのぞき見されるリスクがあります。

また、カフェなどで仕事をする場合には、公共のWi-Fiに繋ぐことでウイルス感染のリスクも考えられます。

セキュリティ対策についても企業側でしっかりとルールを作り、制度を運用することが求められます。

テレワークは、働き手と企業にとって、メリットだけで無くデメリットもありますが、デメリットについては、成功事例やツールを参考にしながら解決策を練る事ができるように整ってきているようです。

働き手と企業の両者にとってバランスの良い働き方を考えると、テレワークは今後どんどん進んでいきそうですね。

導入。運用委関してのデメリットをクリアした先には、働き続ける事が出来る人が増え、働き手と企業にとってもメリットだけが残るのではないでしょうか?

今後も様々なテレワークの仕事が益々増えて行くことを願っています。

こんにちは、広報チームの佐藤です。

世の中、大変な事になっていますね。

前代未聞な感じで、様々な事で混乱が起きています。

一刻も早く終息してくれる事を祈るばかりですね。

さて、こんな状況だからこそ、テレワークが実施される会社が多くなって来ていますね。

今回は、テレワークのお話をしたいと思います。

テレワークが出来る仕事と出来ない仕事が、ありますよね。

現場で仕事をする職種は、テレワークが出来ずこんな状況の時はとても大変ですよね。

テレワークの効果は、多岐にわたりますが、7つに集約できます。

テレワーク導入済みの多くの企業では、計画的に、戦略的にテレワークを導入し、様々な課題の解決を図っています。

テレワークは、環境負荷軽減や雇用創出など、社会にとっても大きな効果があります。

  1. 非常災害時やパンデミック(感染症流行)時における事業継続
  2. 通勤減少、オフィスの省力化による電力消費量、CO2排出量の削減
  3. 顧客への迅速・的確な対応(営業職)計画的、集中的な作業実施による業務効率の向上(研究・開発職・スタッフ職・営業職等)
  4. 家族と過ごす時間、自己啓発などの時間の増加(仕事と生活の調和)
  5. 育児期、介護気等の社員への働きやすい環境の実現による離職の防止(継続雇用)
  6. オフィススペース、ペーパーコスト、通勤・交通コストの削減
  7. 退職した高齢者、通勤が困難な障がい者、遠方移住者等の新規雇用の創出

このような利点が沢山ありますね。柔軟に対応出来る所が魅力の一つですね。

  • 多くの企業では就業規則は変えず、付則としてテレワーク勤務規程を作成している
  • 週に1、2日程度の在宅勤務であれば、勤務制度を大きく変える必要はない
  • モバイルワークの場合は、外出規程をそのまま適用する企業が多い
  • 多くの企業では就業規則は変えず、付則としてテレワーク勤務規程を作成している
  • 週に1、2日程度の在宅勤務であれば、勤務制度を大きく変える必要はない
  • モバイルワークの場合は、外出規程をそのまま適用する企業が多い

それでは、企業にとってテレワークのデメリットはどのような点が考えられるのでしょうか。

【1.時間管理が曖昧になりやすい】

オフィス外で働くことになるため、働いた時間をどのように管理するのかは企業ごとにルールを作る必要があります。

パソコンの作業履歴やWebカメラなどを使って管理するなど、どのように管理をすれば煩雑にならず、個人の責任でテレワークが運用できるのかよく検討する必要があります。

【2.IT端末のセキュリティ管理が煩雑になりやすい】

IT端末を使って仕事をするため、セキュリティ対策は必須です。

自宅以外で仕事をする場合には、端末の紛失や、パソコンの画面をのぞき見されるリスクがあります。

また、カフェなどで仕事をする場合には、公共のWi-Fiに繋ぐことでウイルス感染のリスクも考えられます。

セキュリティ対策についても企業側でしっかりとルールを作り、制度を運用することが求められます。

テレワークは、働き手と企業にとって、メリットだけで無くデメリットもありますが、デメリットについては、成功事例やツールを参考にしながら解決策を練る事ができるように整ってきているようです。

働き手と企業の両者にとってバランスの良い働き方を考えると、テレワークは今後どんどん進んでいきそうですね。

導入。運用委関してのデメリットをクリアした先には、働き続ける事が出来る人が増え、働き手と企業にとってもメリットだけが残るのではないでしょうか?

今後も様々なテレワークの仕事が益々増えていくことを願っています。




********************************************

プロスキャリアでは工場内での製造のお仕事からピッキング・軽作業など多数ご用意しております。高収入のお仕事が多く、正社員登用実績も多数あります。神奈川・東京で仕事をお探しの方はぜひお問い合わせください! お仕事検索「ジョブ&キャリア」

コーポレートサイト https://proscareer.co.jp/

********************************************



  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事